HOME > About WICI [Global]
ビジョン&ミッション

WICIビジョン:

企業が自らの強みの源泉である知的資産(人的資産、組織資産、関係資産)を認識し、これらを貨幣資産および物的資産と合わせて最適に組み合わせるように活用して、その企業なりの価値創造を行う経営を実践し、この知的資産経営が適切に評価されるような世の中を作る。

これにより、企業が有する固有の資源を最も効率的に活用して創造される価値を経済社会全体としても最大化するとともに、そうした独自の経営による価値創造を持続的なものとする。

これらを通じて、短期の利益に集中した拝金主義の資本主義ではない、人間的な、持続可能性のある資本主義の実現に資する。

 

WICIミッション:

上記ビジョンを実現するため、

① 知的資産経営の概念を多くの企業や投資家が正しく理解し、企業が実践するための啓蒙活動を行う。
② 知的資産経営についてステークホールダーと企業との適切なコミュニケーションが行われるためのツールとしての開示枠組みを提示し、継続的な改善を図る。
③ 国際的な開示枠組みの開発にも参画し、グローバルに認知される枠組みにWICIのアイディアをインプットする。
④ 従来の報告書にとらわれず、新しい時代のコミュニケーションに移行すること念頭に、XBRLなどの技術を当初段階から組み込んだ枠組みを示す、不断の改善を行う。
⑤ 知的資産経営の実質についての企業の気づきに資するため、プロセス管理を含めた内部管理指標としても使われ得る指標(KPI)の例を産業分野別に示すとともに、指標のセット化はせず、企業の経営の実質を踏まえた自由な選択が可能であるとの概念を示し、普及させる。

 

[Document Download]
WICI Vision & Mission
これまでのWICIの活動
WICI Brochure 

組織について

WICI (The World Intellectual Capital/Assets Initiative)は、2007年に発足し、民間部門から企業関係者、財務アナリスト、投資家、さらに職業会計人や大学等の研究者が参加し構成されています。

WICIの推進団体は以下の通りです:

  • Enhanced Business Reporting Consortium(米国公認会計士協会(AICPA)、Grant Thornton LLP、マイクロソフト、プライスウォーターハウスクーパースから構成されています)
  • 欧州財務アナリスト協会 (EFFAS:European Federation of Financial Analysts Societies)
  • 経済産業省(日本)
  • 経済協力開発機構(OECD)
  • Society of Knowledge Economics(オーストラリア)
  • フェラーラ大学(イタリア)
  • 早稲田大学

欧州委員会(European Commission)は、オブザーバーとしてWICIの活動に参加しています。

 

WICIは、民間組織や公的組織とパートナーシップを組み、株主やその他ステークホ ルダーの関心が高い知的資産/資本や、KPI(Key Performance Indicator/主要業績・価値評価指標)に関する開示を改善しようとする組織です。リスク判断に基づく資本の最適配分は、価値創造活動に大きく影響 しています。このため、WICIではより透明性の高い情報提供により、適切なリスクマネジメントが行われ、結果として、経営資本の配分が改善されていくと 想定しています。従来の会計基準による評価に加え補完的な評価指標の設定を通じ、企業内部、そして、投資家と企業間の双方において、資本の活用に関する意 思決定が向上できると考えることができます。その結果、より望ましい世界経済を実現にむけた価値創造の実現が期待できるのです。

2008年10月16日、 WICIは、企業が投資家やその他のステークホルダーと企業戦略やパフォーマンスについて、よりよいコミュニケーションを実現をめざした包括的なフレーム ワークと、XBRLタクソノミをリリースしました。開示フレームワーク及びタクソノミは、「WICIフレームワーク タスクフォース」により開発されまし た。

業界特有の開示KPI選定作業は、「業種別開示KPIプロ ジェクト」が組織され、作業が進んでいます。どちらの作業も、企業や投資家、アナリスト、公認会計士、証券取引所や規制当局者、基準制定者、及び国際的な 協力団体、NGOなどの組織が積極的に関与することが期待されています。

WICIでは、WICIフレームワークと業種別KPIが、 積極的、かつ、前向きな任意開示に適用され、グローバルレベルの幅広い普及を目指しています。そのためには、資本を活用する企業と、資本提供者としての投 資家や金融機関、その他関連するステークホルダーの積極的な協力が不可欠なのです。

 

WICI Governance Group

Takayuki Sumita住田 孝之

経済産業省 商務流通保安審議官

 1962年生まれ。85年東京大学法学部卒業後通商産業省(現:経済産業省)に入省。91年から米国ジョージタウン大学国際政治大学院留学(93年卒業)。その後、環境庁、産業政策局などを経て、01年からFTA/EPA企画官。日墨EPAを実質合意に導くとともに、日本のEPA政策、東アジア連携政策を確立。04年以降、知的財産政策室長、技術振興課長としてイノベーション政策、知的資産経営の促進を主導し、07年からは、情報通信機器課長としてエコポイントの仕組みなどを実現。09年から13年まで日本機械輸出組合ブラッセル事務所長。13年6月から資源エネルギー庁 資源燃料部長、15年7月から現職。
 財務情報に現れない企業の強みを正しく認 識してそれを活かす「知的資産経営」の分野では、学者を中心とする国際的研究組織である「New Club of Paris」の理事を05年から務める。会計の実務家、アナリストなどを中心とする国際連携組織である「World Intellectual Capital/Assets Initiative(略称WICI)」では、09年から13年まで会長を務め、IIRC(国際統合報告審議会)のWG委員として枠組み作りに参画。2005年からNew Club of Parisの理事を務める。

花堂 靖仁

Yasuhito HANADO left a professor at Graduate School of Commerce and of Asia-Pacific Studies,WasedaUniversityon reaching retiring age in 2012. However he still works for Waseda Intellectual Capital Research Society as a senior adviser. And he is a professor emeritus at Kokugakuin University in Tokyo.

He is in charge of the executive trustee of Knowledge Management Society of Japan and of a trustee of The Japan Academic Society of Investor Relations. In addition, he engages himself in a member of the planning and development committee at Japanese Investor Relations Institute. Presently, he works for SANRIO Co. Ltd. (1st section of TSE) as an outside board member, and both for Idemitsu Kosan Co. Ltd. (1st section of TSE) and Opt Inc. (JASDAQ) as a member of management advisory committee. He joined WICI-The World’s Business Reporting Network as one of Promoting Parties inJapanin 2007.

He graduated in accounting from Graduate School of Commerce, Waseda University. He joins American Accounting Association, National Investor Relations Institute and Japan Accounting Association.

 

Mike Willis

CPA, Partner, Price waterhouseCoopers, Chairman Emeritus,XBRL Intarnational

Mike Willis has more than 29 years of accounting and auditing experience and is a partner with PricewaterhouseCoopers.  Mike has served in a number of roles within the XBRL community including Founding Chairman and the elected Chairman of the Board of Directors and the International Steering Committee.  XBRL is an international information format standard designed to enhance business reporting supply chain processes benefiting preparers, distributors, aggregators and consumers of this information.   XBRL International (http://www.xbrl.org ) is currently composed of more than 640 leading software, accounting and finance companies from 30 countries around the world. 

Mike has also played a founding role in the development of national and international consortia working to develop broad corporate reporting frameworks and related taxonomies.  He worked along with other founders from Microsoft, the AICPA, and Grant Thornton to form the Enhanced Business Reporting Consortia ("EBRC") outlined here: http://www.ebr360.org/   Subsequently, Mike played an active role in EBRC collaboration with similar organizations around the world to form the World Intellectual Capital Initiative ("WICI"), the world’s business reporting network, a private/public sector collaboration aimed at improving capital allocation through better corporate reporting information.  More information on WICI can be found here: http://www.worldici.com

He speaks frequently, publishes papers and blogs on the topic of business reporting.  Mike has been interviewed for or published articles in a range of business periodicals on the topic of a more efficient and effective business reporting supply chain including the Harvard Business Review, Financial Times, Business Week, Wall Street & Technology, FEI Magazine, CFO Magazine, Journal of Accounting and CIO Magazine.

Stefano ZambonStefano Zambon

Chairman of WICI Europe

Stefano Zambon is Chair of Accounting and Business Economics at the University of Ferrara, Italy. Ph.D. and M.Sc. from London School of Economics, and B.Sc from University of Venice. Director of the “CFO Master Programme” at the University of Ferrara. Visiting scholar at London Business School; ESCP, HEC, and CNAM in Paris; the Universities of Reading, Melbourne, Boston, Metz, Canterbury (NZ), Waseda (Tokyo), Bolzano/Bozen, and the Stern School of Business (NYU). He is a vice-president (conferences) of the International Association for Accounting Education and Research (IAAER). Member of the editorial boards of various international scientific journals. He has published several books and articles in international journals in the areas of management and reporting of intangibles, international financial reporting, and accounting history. He has been the coordinator of a study for the European Commission on the measurement of intangible assets, and an invited key-note speaker at OECD, United Nations, European Parliament, European Commission, and French, Chinese and Japanese Governments’ events on intangibles. He is a founding member of the global network “World Intellectual Capital Initiative” (WICI) as well as of the network “WICI Europe”.
 

Amy Pawlicki

Director
Business Reporting, Assurance & Advisory Services and XBRL
American Institute of Certified Public Accountants

Amy is Director – Business Reporting, Assurance & Advisory Services and XBRL for the American Institute of Certified Public Accountants (AICPA). She staffs the AICPA Assurance Services Executive Committee, which is focused on developing guidance for assurance and related services to improve the quality, relevance and usefulness of information, and on providing thought leadership and recommendations which identify and prioritize emerging trends and market needs for assurance and related services. She is responsible for building awareness and understanding among the AICPA membership of the eXtensible Business Reporting Language (XBRL), a language for the electronic communication of business and financial information. Amy also coordinates AICPA activities related to Integrated Reporting and Sustainability reporting and assurance through collaboration with other organizations around the world that are dedicated to improving the quality and transparency of business reporting, including the World Intellectual Capital/Assets Initiative for which she is currently serving as Chair.

Before joining AICPA, Amy was a Principal of New Business Development with the Timken Company, an international manufacturer of bearings and steel. She graduated Magna Cum Laude from Middlebury College with a Bachelor of Arts degree in International Politics & Economics and French. She has also earned a Master of International Management from Thunderbird, The American Graduate School of International Management and a Master of Business Administration from the Case Western Reserve University Weatherhead School of Management.

活動内容

グローバル標準のフレームワークとタクソノミ開発への共同作業

2008年10月16日、 WICIでは、企業が投資家やその他のステークホルダーと企業戦略やパフォーマンスについて、よりよいコミュニケーションを行うための包括的なフレーム ワーク、及び非財務情報に関するXBRLタクソノミの最初のバージョンをリリースいたしました。WICIではビジネスレポーティングに関係する団体等か ら、これらフレームワークとタクソノミについてのパブリックコメントを受け付けています。

WICIは、プライスウォーターハウスクーパースより、これまでの企業報告研究に関する資料およびリサーチについての利用許諾を得ています。

また、WICIでは、DVFA-Society of Investment Professionals(ドイツ)からもDVFAの資料の利用許諾およびDVFAの資料を基にした研究の許諾を得ています。

KPI 共同作業

The Enhanced Business Reporting Consortium(EBRC)とガートナー社は、財務結果を予測するためのKPIに関する研究の検証および有効性を立証するために、市場参加者と共同 で活動を行っています。詳細については業種別KPIプロジェクトをご参照ください。